このサイトでは、軽トラを思う存分楽しむことができる情報をお伝えします。
まずは、近年人気となっているカスタムショップの実情を考え、どんなことができるのかを取り上げます。
また、新品の車両をカスタムするためのコツについても考えます。
さらに、エアロパーツや内装パーツのカスタムの方法についても記載します。
加えて、全面的にカスタムする場合にはどのようにコーディネイトができるかやどんな点に気を付けるべき点も考慮します。

軽トラもカスタムが人気!カスタムショップでできること

軽トラもカスタムが人気!カスタムショップでできること 軽トラは仕事道具として使う場面が多く、カスタマイズして乗るという人はまだまだ少ないですが、マニアの間ではカスタムすることがひそかな人気となっています。
では、実際にカスタムショップではどんなことが可能でしょうか。
例えば、軽トラの車高を下げて、前面のバンパーを交換することで、今までにはない魅力を付け加えることができるようです。
さらに、ボディカラーをカラフルに統一して、仕事で使う車というイメージを一新できます。
加えて、荷台にボンネットをつけて、そこにエアロパーツを付けるなど、大胆なドレスアップを施すこともできます。
カスタムショップに依頼する場合は、それぞれのお店が持っている技術もそろえているパーツも異なるため、できることには差があることを理解しておくことが大切です。

軽トラカスタムはカスタムショップがおすすめ

軽トラカスタムはカスタムショップがおすすめ 軽トラのカスタムがしたいと思ったのなら、カスタムショップを覗いてみることをおすすめします。
軽トラのカスタムは内装であれば自分で行うのも良いですが、初めての方なら特にどんなアイテムがあるかをまず調べることが大切だからです。
パーツ自体はオークションなどでも手に入れることが出来ますが、ジャンク品などが混ざっていることもあるため安全面をみてもまずはお店でアイテムを探しておくと、予算検討ができるのでおすすめです。
カスタムショップの中には実際にカスタムの様子を紹介しているページもありますので、参考にしてみるのも良いでしょう。
オークションなどではなくカスタムショップを選ぶメリットは、お店独自のアイテムが販売されていることもある点です。
一般的なメーカー品よりもお得であったり、こだわりの強いアイテムが揃っていることもあるのでよりこだわりたい人には特に向いています。
ショップによっては注文をすることも可能なので、自分で行うのが難しいと思っている方にもおすすめです。
ネットショップであればカスタム内容とおおよその値段などがかかれていることも多いので、実店舗で依頼する前に予め調べておくとより自分にあった方法を探すことが出来ますので、参考にしてみて下さい。

軽トラのカスタムに求められるセンスについて

日本の軽トラといえば海外でも認められている実用性の高い車ですが、愛着が湧くうちに個性を持たせたくなるのも分かるのではないでしょうか。
軽トラのカスタムはタイヤとホイールの交換に始まり、ボディの塗装やラッピング、車高の上げ下げと多岐にわたります。
タイヤやホイールを変えるだけなら簡単に元に戻せるので、ハードルが低い方法だといえます。足回りのドレスアップが楽しめますが、やはりセンスが問われるのはいうまでもないです。
ボディカラーの変更は一歩踏み込んだカスタム方法で、あえて無難な色を高品質な塗装で仕上げたり、勿論奇抜な色を選ぶのもありです。
ただ、考えなしに派手にするといわゆるヤン車の印象を与える可能性がありますから、望まないなら気をつけるべきです。
車高を下げるやり方は一気にヤン車の印象を加速させることになるので、希望するならありですが、そうでなければ注意したり目指す方向性に合わせてセンスを磨く必要性が出てくるのではないでしょうか。

軽トラを好みにカスタムをするにはネット通販でパーツは揃えられます

軽トラを購入してカスタムやドレスアップを楽しみたい方は、ネット通販を利用することにより、欲しいパーツ類委は安く購入することができます。
購入をした軽トラの車種専用品のパーツを探せる他、汎用パーツも多数販売されており、事例の中にはスポイラー系やモール系、バンパーガードや各種プロテクター系、汎用ダクトや汎用フィンなど多彩に販売をしているECサイトがあるので簡単にカスタムを成功させられます。
この範囲であれば2万円から3万円程度で集めることができますが、ネット通販店の中にはアルミホイールの販売やマフラーを探せるサイトがあるので、資金を費やせる方であれば完成度の高いドレスアップにも成功できます。
車種専用のパーツ類は比較的高めの料金になりますが、汎用パーツの多くは安く入手できる商品が多く、購入後に塗装を施してから装着させるなど、アイデアでオリジナル化を行うことも可能です。
注意事項は車検に通せる範囲に限定されるので、各パーツを購入する際には車検適合品であることを確認することは必須です。

軽トラのカスタムの方法の中にはライト類も効果的です

軽トラを購入した方によっては、カスタムを施してノーマルとは異なる仕様に変えることを希望することも少なくはありません。
ECサイトなどで検索をすると豊富なパーツ類を確認できますが、ライト類にこだわりを持つ方は、一気に全てのライトをLEDに変更する方法も効果があります。
車種による違いはありますが、ヘッドライトは新車時で既にLED化されている車種はありますが、車幅灯やフォグランプが普通の電球の場合では、視認性の良いLED電球に交換する方法も簡単に行えます。
フロント側だけではなくリアを確認した際にも、ナンバー灯のLED化、テールランプとウインカーのLED化をすることにより、夜間にはカスタマイズした軽トラの効果を実感できます。
ライト類の場合は注意点はあり、特にヘッドライトは6000ケルビンから7000ケルビン以下に限定をしないと車検を通すことができないので、購入の際には商品の詳細を確認してから選ぶことは必須です。

軽トラのカスタムを得意とする専門店では所有者の希望を叶えられます

軽トラは通常では業務用として使う車種になり、後部の荷台に荷物を積載して移動させる際に活躍をしています。一方で軽トラを仕事で使いながらもカスタムを施すことを希望する方も多く、愛好家となる方は全国各地に存在しているので対応する専門店を探す方法で希望通りのカスタムやドレスアップを施すことができます。
車種による違いはありますが、自動車メーカーではなく他の会社によって各種パーツ販売を行っていることも目立ち、一般車同様にエアロパーツやディフィーザー、ダクトやガーニッシュなどの外装パーツを取り付けることも可能としています。
足回り関連でもインチアップしたアルミホイールを履かせる方法と、サスペンションの交換によって車高を自由に変更できるように仕上げることもできます。
更に現在注目されているラッピングシートを使った施工方法もあり、車体全ての部分に対して純正カラーには無いカラーリングのシートを貼り付ける方法も人気があります。
ラッピングシートは塗装作業でも難しいメタリックカラーやカーボンラッピング、艶消しシートや色変幻シートなど専門店によっては豊富な種類があることで魅力あるボディに仕上げるには抜群の効果を発揮します。

軽トラをカスタムすることと趣味での使いやすさ

趣味で軽トラをカスタムすることもでき、仕事で使うものだけではなく、アウトドアも楽しめる、荷物もたっぷりと収納できるものを作れます。
軽トラの需要は高く、一般的に使われるタイプだけではなく、カスタムされたものも中古車にも人気が出る場合もあります。
専門店で自分好みの変更をして楽しむことができる点に注目することも大事なポイントです。買い替えたいときなど、出張買取サービスも利用することで柔軟に対応していけます。
トラックを売りたいときに、仕事でも使っているため、お店まで査定に行くのがスケジュール的に難しい場合もあります。
出張対応でスタッフに来てもらうことができると、売ることを検討するものをスムーズに査定してもらい、金額の把握ができます。
買取成立後にスタッフに回収作業も任せることができる点も、売りたいときにすぐに売れるようになるため、安心です。
中古車を自分好みに変えていくことも考えて、買取だけではなく、パーツを新しくつけてくれる専門店を探すことも重要になります。

軽トラのカスタムに電飾を追加するときには注意が必要

軽トラのカスタムは多岐にわたり、外装のスタイリングから内装の快適化までさまざまなアイデアを活用して個性的な仕上がりが可能になります。
LEDライトは低消費電力で明るく、色彩も多様です。
ヘッドライトやテールライトホイールや車体のラインにもLEDストリップを取り付けることで、アクセントを付けることが可能です。
電飾を追加する際は、適切なワイヤリングや配線が必要で、安全性を確保するためにも、プロのショップやメカニックに相談することをおすすめします。
テーマやデザインを考えることが大切です。
明るいカラーやエフェクト、照明パターンなどを工夫して、軽トラックの個性を際立たせましょう。
電飾を装着する際には、道交法や地域の規制に違反しないように注意が必要です。
規定の範囲内で楽しみながら安全に行います。
カスタム後は、定期的なメンテナンスや点検が必要です。
線や接続部の劣化、異常発熱などを確認し、安全性を保ちましょう。

軽トラの荷台をカスタムしてキャンピングカーにしよう

いま、全国各地であるアクティビティが大人気となっています。
それはアウトドアのなかでもファミリーで楽しめるキャンプであり、各地でいろんな専門施設が誕生をしています。
なかでもオートスタイルが主流となり、自前でキャンピングカーを用意される方も増えてきました。
この車両は1台あたり約600万円前後もするので、誰でも気軽に購入ができるとはいえません。
動くお家であるのでコストが高くなるのは当然です。
ここでは簡単にお手頃価格で購入できる、軽トラをカスタムして理想的な車両を生み出すコツをご紹介します。
それは軽トラの荷台をカスタムする方法で、理想的な内装にして現地で快適な暮らしを送れるようにすることが可能です。
1500ccレベルの軽トラなら、中古だと20万円程度で購入ができるので、初期費用を大幅に減らすこともできます。
荷台にコンテナハウスを設置することもできるので、ベッドを搬入して簡易宿泊もできるようになるわけです。

軽トラカスタムでCDプレーヤーを設置する

軽トラが必要になる業務では長距離を運転することが多く、快適に過ごすための車内環境を整えることも大切です。
その中のひとつに音楽があり、気分を上げてモチベーションや集中力を高めることができます。
リラックスした気分で安全運転をすれば無事に目的地へたどり着けるのと同時に、生産性も高まることが期待できます。
そんな社内環境を整えるために、軽トラカスタムでCDプレーヤーを設置するケースが増えています。
昨今ではデジタル化が進み、カーオーディオではSDカードなどに保存された音楽データを再生したり、スマートフォンと連携させるようなケースが増えており、標準装備ではない車種も増加しています。
その一方で好きな音楽は、CDに保存してあると言う方も少なくありません。
そこで軽トラカスタムでCDプレーヤーを設置して再生できる環境を構築すれば、好きな音楽を聴いてドライブをエンジョイすることができます。
軽トラだからこそ柔軟な対応が可能で、サウンドにとってベストなポジションを検討できます。

軽トラのカスタムで外装面を革張りにするにはテクニックが必要です

軽トラを使って仕事をしている方の中には、全国的にカスタムを行って披露をするイベントまで開催されています。
通常ではホワイト系のボディカラーになりますが、ドレスアップで軽トラのボディを革張りにすることを希望している方は、インタネット上からラッピングシートを探すことで願いを叶えることは可能にです。
実際に自動車用のラッピングシートの中にはレザーのようなシートが販売されており、リアリティのある模様を再現している他、豊富なカラーバリエーションから選べる魅力もあります。
ラッピングシートをカスタムで軽トラのボディに貼るにはテクニックは必要になるものの、フエルト付きのスキージーや霧吹き、ドライヤーがあれば比較的簡単に施工できます。
軽トラの場合は曲面が少ない傾向にあるので難易度は低めになり、初心者でも作業しやすい傾向にあります。
最初は当然ながら洗車を済ませておき、霧吹きでボディ側とラッピングシート側の両方を濡らし、曲面に対してはドライヤーの熱を加えることで綺麗に貼ることができます。
ボンネットと左右のドア、ルーフと後部の荷室のあおり部分だけなので、独特な革張りのラッピングシートでも水張り可能なシート故にやり直しが可能になることで最終的には綺麗に貼り付けすることは可能な範囲です。

軽トラのカスタムとその魅力詰まった塗装オプション

軽トラはその小型で使い勝手の良さから、さまざまな用途に広く活用されています。
そして最近では各々個性を引き立てるためのカスタムが注目を浴びています。
これは所有者のスタイルや好みに合わせて改造された車両であり、その魅力はますます高まっているようです。
さらにその一環として選ぶ塗装のオプションもポイントの一つになっています。
こちらの魅力は、まずその個性溢れる外観から始まります。
元々のデザインから離れ、パーツやアクセサリーを好きに組み合わせることで、他の車とは一線を画した独自の車両を手に入れることが可能です。
例えば特製のフロントグリルやヘッドライト、ホイールなどを付けることで、他にはない存在感を放つオリジナルを作り上げることができます。
また重要な要素の一つが、塗装にあります。
軽トラックのボディカラーは、車両全体の印象をとても大きく左右する要素でもあり、こだわりを持つオーナーも多いです。
そしてカラーバリエーションや質感、デザインパターンなど、多種多様な選択肢を提供してくれるでしょう。
ただしカラーの選択には慎重さが求められます。
自分が気に入った色やデザインでも、日常の使用やメンテナンスを考えなければなりません。
専門家のアドバイスを受けつつ、安全かつ快適なカスタムを実現することが大切になります。

軽自動車に関するお役立ち情報

軽トラ カスタムショップ